新着記事



By

JCダートに向けて。出走予定馬中心に2013年の交流重賞まとめ

現在のダート路線は中央にJCダート、フェブラリーSという2つのG1がありますが、地方で開催される交流重賞も多く、ダートのトップレベルは地方で走る事の方が多いくらいになっています。
そこで今回は中央競馬は毎週のように見ていても、交流受賞までは見きれていないという方も多いと思いますので、JCダート出走馬が出ていた交流重賞をまとめてみます。

かしわ記念 Jpn1
05/06 船橋 ダート1600 良

1着 ホッコータルマエ (2人気)
2着 エスポワールシチー (3人気)
3着 ローマンレジェンド (1人気)

逃げるエスポワールシチーを直線でホッコータルマエが捉えG1初制覇。
ホッコータルマエはフェブラリーSには出走しなかったものの、佐賀記念、名古屋大賞典、アンタレスSを3連勝。ここのG1制覇でトップクラスの実力がある事を証明しました。

帝王賞 Jpn1
06/26 大井 ダート2000 不良

1着 ホッコータルマエ(3人気)
2着 ニホンピロアワーズ(1人気)
3着 ワンダーアキュート(4人気)
5着 テスタマッタ(6人気)
6着 ローマンレジェンド(2人気)

不良馬場での開催となり、有力馬が先行集団に固まる中で、一番外を回りながら押し切ったホッコータルマエの充実ぶりが際立つレースとなりました。
昨年JCダートの覇者ニホンピロアワーズは2着を確保しましたが、ホッコータルマエにはアンタレスSに続く連敗。
逃げたワンダーアキュートが3着。
ローマンレジェンドは勝負どころでついていけず、直線は離される一方。2.1差の6着となりました。

ジャパンダートダービー Jpn1
07/10 大井 ダート2000 良

1着 クリソライト(1人気)
3着 ケイアイレオーネ(5人気)

3歳ダートの頂点に位置するレースです。
クリソライトが好位追走から4コーナーで先頭に並びかけると、直線は突き放す一方。7馬身差の完勝となりました。
最近のこのレースを勝ったJRA所属馬は、ハタノヴァンクール、グレープブランデー、テスタマッタ、サクセスブロッケンと、全てこの後にもG1(交流含む)を勝っていてクリソライトの今後にも期待がかかります。

マーキュリーカップ Jpn3
07/15 盛岡 ダート2000 重

1着 ソリタリーキング(4人気)
3着 グランドシチー(1人気)

不振が続いていたソリタリーキングがここでは先行し、そのまま押し切る完勝。
グランドシチーは内で進路がなかった事も響き3着まで。

日本テレビ盃 Jpn2
09/23 船橋 ダート1800 良

1着 ワンダーアキュート(1人気)
2着 ソリタリーキング(2人気)

逃げるソリタリーキングを2番手から追走のワンダーアキュートが直線クビ差捉え1着。
G1でも常に好勝負しているワンダーアキュートがここではきっちり勝ってきました。
ソリタリーキングは敗れたもののマーキュリーC勝ちに続く好走で復調気配。

南部杯 Jpn1
10/14 盛岡 ダート1600 良

1着 エスポワールシチー(2人気)
2着 ホッコータルマエ(1人気)
4着 グレープブランデー(3人気)

エスポワールシチーが逃げ、直後にホッコータルマエが追走する形となりましたが、エスポワールシチーが4コーナーでリードを広げそのまま逃げ切り。かしわ記念では敗れましたが8歳になってもマイルでは本当に強い馬ですね。
フェブラリーS以来の出走となったグレープブランデーは4着。

JBCクラシック Jpn1
11/04 金沢 ダート2100 不良

1着 ホッコータルマエ(1人気)
2着 ワンダーアキュート(2人気)
3着 ソリタリーキング(5人気)
5着 クリソライト(3人気)

逃げたホッコータルマエがそのまま押し切る完勝。帝王賞に続きここを制したことで、現在のダート中距離は完全にホッコータルマエが1枚抜けた形になりますね。
前3頭が後ろを大きく引き離す決着となり、3歳馬クリソライトは大きく遅れた5着。

JBCスプリント Jpn1
11/04 金沢 ダート1400 不良

1着 エスポワールシチー(1人気)
4着 テスタマッタ(4人気)

エスポワールシチーは1400という事もあり3,4番手からの追走。3,4コーナーで先頭を捉えると直線そのまましのいで1着。
ここで引退という話もあったようですが、南部杯に続く勝利という事もありJCダートがラストランという事になるようです。8歳馬のラストランですが、ひょっとしたら…と感じさせるレースぶりですね。

JBCレディスクラシック Jpn1
11/04 金沢 ダート1500 不良

1着 メーデイア(1人気)

これでダートの牝馬重賞5連勝となるメーデイアの完勝でした。今の牝馬ダートでは完全に抜けてますね。
牡馬相手の実績はありませんが、こういう馬が出てきてくれるのはファンとしては楽しみが増えますしありがたいですね。
どこまでやれるのか注目です。

やはり今回のJCダートの有力馬もほとんどが交流戦を使っている事になり、交流戦もきちんと見ておかないとJCダートの予想は難しいですね。
また、交流戦を使ってない組もベルシャザール、ブライトライン、ナイスミーチュー、インカンテーションなどがいますので、この辺りとの比較も重要になってきますね。
分かりやすいところでは、みやこSのローマンレジェンド3着を斤量を含めてどう見るかになりそうです。
ベルシャザールというダート界にとっては新星もいますので、本当に面白いレースですね。

By

JCダート登録馬22頭。ダート頂上決戦らしい好メンバーに

12月1日に行われるJCダートの登録が行われ外国馬1頭を含む22頭が登録を行いました。
ダートのトップクラスがほとんど出てくるすごいメンバー構成になりそうですね。

エスポワールシチー
ワンダーアキュート
ホッコータルマエ
ニホンピロアワーズ
グレープブランデー
テスタマッタ
メーデイア
ローマンレジェンド
ソリタリーキング
クリソライト
グランドシチー
ナイスミーチュー
ブライトライン
ベルシャザール
インカンテーション

現時点でここまでが出走可能な15頭で、外国馬が1頭です。

パンツオンファイア

以下、除外対象です。
ナムラタイタン
フリートストリート
ケイアイレオーネ
ベストウォーリア
ハートビートソング
イジゲン

故障引退のハタノヴァンクールはいませんが、今年のダートの上位馬が勢ぞろいといったメンバーです。

帝王賞、JBCクラシックを勝っているホッコータルマエが人気の中心にはなるのでしょうが、ニホンピロアワーズ、ワンダーアキュート、エスポワールシチー、ローマンレジェンドなど交流G1の常連も揃い、勢いのあるベルシャザール、ブライトラインも面白い存在になりそうです。
3歳勢もレパードS勝ちのインカンテーション、JDD勝ちのクリソライトが出走予定ですが、このメンバーではこの辺りは人気薄になりそうですね。

名前に注目が集まりそうな外国馬のパンツオンファイアはBCダートマイル7着からという事で、特に目立った実績はなさそうです。
JCDには実績ある海外馬はあまり来ませんし、03年に唯一勝っている外国馬フリートストリートダンサーも11番人気での勝利でしたから、走ってみないと分からない面はありますが、今年も日本馬の争いと考えてよさそうです。

By

シリウスSは3歳馬ケイアイレオーネが差し切って勝利。2着にナイスミーチュー

シリウスS

1着 ケイアイレオーネ
2着 ナイスミーチュー
3着 グランドシチー

レパードS2着のサトノプリンシパルが1番人気に推されたシリウスSは、同じくレパードSで3着だったケイアイレオーネが直線強襲の差し切り勝ち。ハンデ戦ながら2,3着にはナイスミーチュー、グランドシチーと実績馬が入る結果となりました。

勝ったケイアイレオーネはユニコーンS、JDD、レパードSと3歳世代の上位が集まるレースを3戦続けて3着。世代上位の力がある事は間違いありませんが、それぞれの勝ち馬には完敗している形で今回も5番人気という評価でした。
53kgと斤量の恩恵はあったにしてもここで古馬相手に勝ち切れたのはこの馬の今後にとって非常に大きいですね。
血統は父Henny Hughesでヘネシーの子になります。血統的にも今までの成績からもマイルくらいの方が良さそうな印象でしたが、阪神2000のここで勝ち切れた事で、少し見直さなければいけないのかもしれませんね。

また、3歳戦ではケイアイレオーネよりも活躍していた特にJDD上位のクリソライトとエーシンゴールドがどこまでやれるのかも非常に楽しみになってきました。

2着ナイスミーチューは昨年このレースを勝っていて今年は2着。これで阪神2000は2勝2着1回と合っているんでしょう。
シリウスSはリピーターの多いレースですし、コース適性は重要な要素の1つですが、昨年54kgで勝っているレースを今年57.5kgで連対できているのは評価するべきですね。
ケイアイレオーネに差されたのは展開と斤量差による部分も大きいですし、それほど気にする必要はなく、良いレースができたという事でいいでしょう。ただこの馬はこのくらいかもう少し距離があってもいいのかもしれませんね。

3着グランドシチーは58.5kgの斤量もあってかこの相手で6番人気と評価を落とした感じですが、やはり力はありますね。
力を出し切れないレースが続いてる印象があるのでこのくらいの人気なら次も買いでいいのではないでしょうか。ただ昨年から東海Sまでの印象から考えればもっとやれても…というのはありますね。

By

日本テレビ盃はワンダーアキュートが勝利。秋ダート戦線もそろそろ本格始動

日本テレビ盃

1着 ワンダーアキュート
2着 ソリタリーキング

船橋で行われた日本テレビ盃は単勝オッズ1.3倍に支持されたワンダーアキュートがソリタリーキングとの叩き合いをクビ差制して勝利。人気に応えました。

勝ったワンダーアキュートはG1でも常に好走していますが、勝ち星は昨年のJBCクラシック以来10ヶ月ぶり。昨年のJBCから6戦続けてG1しか使っていませんので、勝てていなかった事はそこまで大きな問題ではないと思いますが、G2となったここではさすがに強かったですね。
この馬の目標としては当然ここではなく、まずはJBCクラシック、そしてその後はまだ分かりませんが、恐らくJCダートや東京大賞典となってくるはずで、ソリタリーキングとの着差は思ったよりも少なかったですが、勝てたという事でまずまずの秋スタートと言ってもいいのではないでしょうか。

ダート戦線の有力馬もそろそろ秋の使い方が決まってきたようで、南部杯にはホッコータルマエ、グレープブランデー、エスポワールシチーなどが出走予定。
今年は金沢で行われるJBCクラシックにはワンダーアキュート、ニホンピロアワーズ、白山大賞典を挟んでハタノヴァンクールも出走予定となってます。
ローマンレジェンドはみやこSからJCダートの予定。
テスタマッタは東京盃に登録してますが、ここを使うならJBCスプリントということになるんでしょうか?

By

2001年以降のジャパンカップダート結果

2012年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 14 ニホンピロアワーズ 牡5 酒井学 1:48.8 6
2 6 12 ワンダーアキュート 牡6 和田竜二 3 1/2 3
3 5 9 ホッコータルマエ 牡3 幸英明 1/2 9

2011年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 8 16 トランセンド 牡5 藤田伸二 1:50.6 1
2 5 9 ワンダーアキュート 牡5 和田竜二 2 5
3 3 6 エスポワールシチー 牡6 佐藤哲三 ハナ 2

2010年 稍重

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 2 3 トランセンド 牡4 藤田伸二 1:48.9 1
2 7 14 グロリアスノア 牡4 小林慎一郎 クビ 8
3 6 12 アドマイヤスバル 牡7 小牧太 1 1/4 11

2009年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 1 1 エスポワールシチー 牡4 佐藤哲三 1:49.9 1
2 6 12 シルクメビウス 牡3 田中博康 3 1/2 5
3 5 9 ゴールデンチケット 牡3 C.ルメール 1 1/4 12

2008年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 10 カネヒキリ 牡6 C.ルメール 1:49.2 4
2 3 5 メイショウトウコン 牡6 藤田伸二 アタマ 7
3 3 6 ヴァーミリアン 牡6 岩田康誠 クビ 1

2007年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 7 ヴァーミリアン 牡5 武豊 2:06.7 1
2 6 11 フィールドルージュ 牡5 横山典弘 1 1/4 6
3 1 1 サンライズバッカス 牡5 安藤勝己 3 1/2 7

2006年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 4 アロンダイト 牡3 後藤浩輝 2:08.5 7
2 4 7 シーキングザダイヤ 牡5 武豊 1 1/4 1
3 8 15 フィールドルージュ 牡4 吉田豊 1 1/4 8

2005年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 10 カネヒキリ 牡3 武豊 2:08.0 1
2 4 7 シーキングザダイヤ 牡4 横山典弘 ハナ 11
3 3 6 スターキングマン 牡6 K.デザーモ クビ 13

2004年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 14 タイムパラドックス 牡6 武豊 2:08.7 4
2 5 10 アドマイヤドン 牡5 安藤勝己 2 1/2 1
3 2 4 ジンクライシス 牡3 蛯名正義 1 7

2003年 不良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 フリートストリートダンサー 騸5 J.コート 2:09.2 11
2 3 6 アドマイヤドン 牡4 安藤勝己 ハナ 1
3 5 9 ハギノハイグレイド 牡7 福永祐一 5 7

2002年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 9 イーグルカフェ 牡5 L.デットーリ 1:52.2 5
2 2 3 リージェントブラフ 牡6 吉田豊 1 13
3 1 2 アドマイヤドン 牡3 藤田伸二 クビ 1

2001年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 9 クロフネ 牡3 武豊 2:05.9 1
2 4 8 ウイングアロー 牡6 横山典弘 7 3
3 1 1 ミラクルオペラ 牡4 幸英明 1/2 4