シリウスSは3歳馬ケイアイレオーネが差し切って勝利。2着にナイスミーチュー

シリウスSは3歳馬ケイアイレオーネが差し切って勝利。2着にナイスミーチュー

シリウスS

1着 ケイアイレオーネ
2着 ナイスミーチュー
3着 グランドシチー

レパードS2着のサトノプリンシパルが1番人気に推されたシリウスSは、同じくレパードSで3着だったケイアイレオーネが直線強襲の差し切り勝ち。ハンデ戦ながら2,3着にはナイスミーチュー、グランドシチーと実績馬が入る結果となりました。

勝ったケイアイレオーネはユニコーンS、JDD、レパードSと3歳世代の上位が集まるレースを3戦続けて3着。世代上位の力がある事は間違いありませんが、それぞれの勝ち馬には完敗している形で今回も5番人気という評価でした。
53kgと斤量の恩恵はあったにしてもここで古馬相手に勝ち切れたのはこの馬の今後にとって非常に大きいですね。
血統は父Henny Hughesでヘネシーの子になります。血統的にも今までの成績からもマイルくらいの方が良さそうな印象でしたが、阪神2000のここで勝ち切れた事で、少し見直さなければいけないのかもしれませんね。

また、3歳戦ではケイアイレオーネよりも活躍していた特にJDD上位のクリソライトとエーシンゴールドがどこまでやれるのかも非常に楽しみになってきました。

2着ナイスミーチューは昨年このレースを勝っていて今年は2着。これで阪神2000は2勝2着1回と合っているんでしょう。
シリウスSはリピーターの多いレースですし、コース適性は重要な要素の1つですが、昨年54kgで勝っているレースを今年57.5kgで連対できているのは評価するべきですね。
ケイアイレオーネに差されたのは展開と斤量差による部分も大きいですし、それほど気にする必要はなく、良いレースができたという事でいいでしょう。ただこの馬はこのくらいかもう少し距離があってもいいのかもしれませんね。

3着グランドシチーは58.5kgの斤量もあってかこの相手で6番人気と評価を落とした感じですが、やはり力はありますね。
力を出し切れないレースが続いてる印象があるのでこのくらいの人気なら次も買いでいいのではないでしょうか。ただ昨年から東海Sまでの印象から考えればもっとやれても…というのはありますね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)